アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「旅行」のブログ記事

みんなの「旅行」ブログ

タイトル 日 時
イタリア旅行 美術館編(ヴァチカン市国からフイレンツエ)
イタリア旅行 美術館編(ヴァチカン市国からフイレンツエ) 今度のイタリア旅行際に出発前にはガイドブックを数冊図書館で借りてイタリアの交通事情とか観光スポットなどについて事前学習していく中でローマの空港駅がフイウミチーノ空港の別名がレオナルド・ダヴィンチ空港、フイレンツエには同じくイタリアのルネッサンス時代の巨匠ミケランジェロの名前をとっている広場の観光名所があることに多少の驚きを抱いていた。ローマについて最初にイタリアの芸術に最初に触れたのは初日の共和国広場の近くにあるサンタ・マリア・アンジェリ教会内の宗教的な壁画だった。イエス・キリストやマリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/12 23:46
イタリア旅行裏話その3
イタリア旅行裏話その3  イタリア滞在三ケ日はあらかじめ予約していた日帰りバスツアーでポンペイ遺跡へと向かった。ガイドさんは日本人で現地で日本人ツアーを主に担当していていらっしゃって日本語の得意な女性でした。確か30人ぐらい乗車してナポリ経由で中にはカプリ島巡りのツァー客も同行してのことらしい。ナポリでその方々は先に下車してポンペイ組みはそのまま目的地へと向かった。どうもイタリアは今日からアフリカからの熱風が吹いてきて暑くなりますよということだった。いやな予感だ。ポンペイ遺跡は確かに壮大で屋根以外はそのまま発掘されたと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/21 03:50
イタリア旅行裏話その2
イタリア旅行裏話その2 イタリア旅行裏話その2 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/12 01:14
イタリア旅行裏話その1
イタリア旅行裏話その1  先月13日から現地に25日まで、自分にとって初めての欧州への旅行で イタリアで娘と一緒に過ごしてきました。娘は欧州方面へは個人旅行で 数回旅行経験があり、イタリア語はできないが英語が話せるので時期とか 訪問先が一致したのでお願いして同行してもらった。  (家内も一緒に連れて行きたかったが、仕事の関係などで長期の休暇は とれなかった。)  行く前からイタリアはスリが多いから気を付けてとよくガイドブックや口コミ で見聞きしていたので、ローマのフイウミチーノ空港に到着してテルミニ駅まで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/07 13:25
1年ぶりの上京と船の科学館
1年ぶりの上京と船の科学館  ほぼ1年ぶりに、家内と一緒に東京へ行くことになった。これといった目的もなかっ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/25 11:21
はじめてのビデオカメラ
はじめてのビデオカメラ  自分に欲しいものはいくつかある中のひとつに、ビデオカメラがある。 家庭用のものが出始めてからは、10年以上はたつと思うが、記録媒体にテープを使わないものが出回っててからは、そんなに経過してないとは思う。8センチDVDで録画するものが、確かHDやSDなどより早く普及していたと思う。 そんななかで、某社製のHDDとほかにマイクロSDを記録メディアとして使え、用意にパソコンにインストールしてYouTube等にも変換できる製品に注目しネットで求めた。 http://www.youtube.com/w... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/13 05:40
年末の東京散歩その2
年末の東京散歩その2  前日は、東京タワーのライトアップと展望台からの都内の町並みと遠くに 見えた富士山が特に印象的だった。果てしなく続く都会の建造物といたるところに散在する緑地帯(公園や墓など)には、改めて感嘆した。そして、ところどころに散在する中高層のビル群、そのうちの一つが副都心新宿、銀座、渋谷、池袋駅周辺なのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/03 00:02
上高地散策
上高地散策   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/01 22:56
「プチ旅行 その2 和歌山千畳敷遍」について
「プチ旅行 その2 和歌山千畳敷遍」について 自分は、10月のはじめにツアーで行ってきました。  「南紀の旅で思わず感動」、アルバムもあります。   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/02 06:38
南紀の旅ーその2
南紀の旅ーその2   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/18 02:04
南紀の旅で思わず感動ーその1
南紀の旅で思わず感動ーその1   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/17 01:20
能登の日帰り旅行ー珠洲
能登の日帰り旅行ー珠洲    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/17 22:02
冬の北海道旅行ー雪祭り他
冬の北海道旅行ー雪祭り他  先週、待っていた2泊3泊の北海道ツアーがついに実現した。初日は空路地元の空港から 千歳空港へと1時間余りで到着し、そこで他の空港からの客と一緒になり観光バス1台50名で無事出発となった。  途中層雲峡の最初のコース予定の爆氷祭りを立ち寄り氷点下ならではのフエスティバルを見学。路面には滑り止めか黒い色の細かい砕石が巻かれて歩行中滑らない配慮だ。そのあとは、翌日早朝の流氷を見るためオホーツク海に面している紋別へと。 今年は特に暖冬で沿岸まで流氷がたどり着いてなくこの見学は危ぶまれていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/02/17 11:58
紅葉の立山と弥陀ヶ原
紅葉の立山と弥陀ヶ原  9月30日と10月1日が住んでいる町のサービスデーと言うことで富山地方鉄道の立山駅に ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/01 16:30
旅先で見た生物いろいろ
旅先で見た生物いろいろ  今度の東北の夏祭りのツアーの日中はいろいろな観光地や名所旧跡も立ち寄った。その中で二日目の盛岡さんさ踊りまでの途中に秋田の玉川温泉で時間を割いた。そのときに硫黄で黄色く固まっているお湯の噴火口や北投石のほか、乳白食に染まっている川や岩盤浴を楽しんでいる人たちを見たりしたが、自然遊歩道を歩いている際に変わったいろのトカゲ類の生き物を見た。(写真)これが何であるか分らなかったので心当たりのある人はトラックバックかコメントで返事を願います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/06 11:21
東北三大祭り拝見
東北三大祭り拝見  Y旅行会社のツアーに参加して3泊4日の旅に参加した。初日は東北新幹線の盛岡駅で降りひたすら東北自動車道を北へ進む。あいにくバスの合間から見える岩手山は曇り空ですっきり見えない。北上して八甲田山の見えるところへ来てその後、会場近くへ運ぶ。桟敷席で弁当が配られ久しぶりに戸外で夕食を食べることとなった。そのうち交通規制が布かれて一般市民の席とりが激しくなる。開始ののろしが上がり、主催者の挨拶のあと、今年のねぶた祭りの初日が始まった。初日とあって幾分観客が少ないようだったためか[はねと」もなんだか調子... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/05 21:37
東北の夏祭りー夏休みの旅行計画
 今年の夏はかねてから、2泊以上の予定で少し遠くに出かけるつもりでいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/19 23:17
北国からの訪問者
北国からの訪問者 昨年からの計画で延び延びになっていた伊豆地方へのドライブツァーがついに現実となった。最初に訪問したのは知人宅でこの二泊三日のツァーの案内を引き受けると同時に一緒に私達と行動をともにしていただくことになっている。知人宅近くの食堂で昼食をご馳走になり修善寺,湯ヶ島を通り河津バガテル公園へと向かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/17 19:30
紅葉見ながら温泉-北陸紅葉シリーズ3
紅葉見ながら温泉-北陸紅葉シリーズ3 今日は朝から大変よい天気で、午前中に家の用事を済ませ、家内と相談して庄川峡の紅葉を見に出かけることにした。最初は小牧ダム近くで数回止めてシャッターに触れた。二日前の那谷寺とは違いきっと色合いの良いものが後で見れると思うとなんだか胸が弾んだ。同じところでも太陽の光の向きや強さにより違いがあるようだ。平野部から見たときの砺波方面の山合いは、すっきり見えないのであまり、期待はしていかないほうが良いと思っていた。しばらくは、国道156号線は、庄川沿いに走り、スノーシェッドらロックシェッドの多いカーブと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/05 17:52
「静岡県伊豆の国市」について
「静岡県伊豆の国市」について 伊豆の国とあるので、どこかで聞いたことのある名前だと思っていたら、案の定近所の仲間友達で今年の夏に、そこへ引っ越した先輩がいたのだ。引き出しから、転居の「お知らせには」を取り出した。住み慣れたところから静岡伊豆に引っ越しました、当地は温泉地で公園に恵まれ足湯がある環境に恵まれた街と記されていた。 また、ゆったりと第二の人生を過ごすには良いところだと。 名前からしても本当に行きたくところですね。 合併によって、新しい名前が生まれますが、自分の住んでいるところも、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/01 21:34
初めての山陰と宮島の旅
 日本海側に住んでいる自分にとって、国内で行っていない所の一つに、同じ日本海に面している山陰地方の旅行は、ツアーであるが非常に思い出深い2泊三日のミニ旅行だった。グループ旅行としては、2度目の旅行会社任せであったが楽しかった。 宮島の厳島と原爆ドームの世界遺産を含み、横山大観の日本画や出雲大社なども拝見や参拝できたうえ、玉造温泉につかることもでき、多様なツアーでおまけに割安でも有り良かった。(16年7月) アルバムも公開中 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/21 10:42
思い出の近江路と古寺巡礼その5(完結)
 三井寺を10時ごろに出てホテルのフロントで聞いたとおりに国道161号線沿いにマクドナルドを見印に左折して近江神宮を目標に進んだ地図とは違い込入っており、観光バスの後についで行った。  京都方面からもドライブウェイのゲートへつながっており、そこからのほうが車が多いようだ。  ゲートくぐり、10分あまりで東塔のパーキングにたどり着いた。既に先着の参拝客が大勢訪れており中心の根本中堂には修行僧を含め賑わいだった。そのまま駐車場へ向かい西塔へとハンドルを握った。 ここは東塔とは違い同じ比叡山延暦寺... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/16 09:33
思い出の近江路と古寺巡礼その4
 この年になると朝は、自然と早く目が覚め朝食までの間、ホテルの周りを一回りすることにした。海岸通りを渡ればすぐそこは琵琶湖のたもとで散歩するひとや自転車で朝の用事のため行き通う人が目に入った。今日の行き先である比叡山方面への道路を確認してホテルに戻った。朝はバイキングで和洋どちらでも選べるメニューでそれなりの種類があるものだった。三井寺には、湖岸道路をひたすらまっすぐ行き浜大津を過ぎた所で京都方面からの国道161号線に合流し、道が狭くなった2つ目の信号を左に回って容易にたどり着けた。入り口といえ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/15 21:20
思い出の近江路と古寺巡礼その3
 湖東三山の最後の訪問先、百済寺へと向かった。他の寺院と違い一番幹線からおく深くまでドライブすることになった。その分標高があるので眺めを期待できるかなと思った。喜見院の庭園には,沢山の訪問客が池の鯉を眺め、写真を撮る人で賑わっていた。この寺ができたのは7世紀はじめで聖徳太子の発願で建立され、飛鳥寺とともに日本最古級の寺院といわれている。名前の由来はこの地方は朝鮮半島からの沢山の渡来人が多かったのでその故国名に因んだのではないかとも言われている。(五木寛之「百寺巡礼」第4巻滋賀・東海編)当時は湖東... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/15 09:10
思い出の近江路と古寺巡礼その2
  11時ごろだったので、次の目的地西明寺へと車を走らせた。国道8号線を横切り案内標識を頼りに、お腹もすいてきたのでどこかで昼食をとるところがないかを二人で模索した。そのうち西明寺パーキングという大きな看板が眼につきそこで一休みとることにした。 自分はそこで”当店自慢の西明寺そば”を食べることにした。最近カロリー控えめの自分にはちょうど良い。国宝の本堂は修復中で、左手に三重塔がそびえている。横から本堂の中に入りお祈りを何度かした。次の目的地金剛輪寺へと向かった。国道から少し入ったところで駐車場は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/15 01:01
思い出の近江路と古寺巡礼その1
思い出の近江路と古寺巡礼その1  連休後半の2日間は、予想通りの良い天気で初日の日曜日は、ほんとの良い天気でした。長浜ICで降りてほとんど地図と道路の案内標識を頼りに長浜城の見えるところまでたどり着き、少し離れた駐車場に止めて最初の目的地へと軽い足取りで到着した。 午前中の早い時間なので観光客は疎らだった。琵琶湖も対岸の山々も薄っすらと見渡せてた。秀吉出世城とも云われているが、館内には秀吉を中心とした歴史的な資料を展示している。次の予定があるのでゆっくり見れなかったのが残念だった。湖岸道路沿いに彦根へと急いだ。右手見える琵琶... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/12 22:01

トップへ | みんなの「旅行」ブログ

つれづれノート 旅行のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる